「温故知新」あたらしい木の生かし方の家

写真写真写真

浮造り仕上げの床に羽目板の天井、無垢で仕上げたキッチンなど、自然素材がふんだんに使われた22.5畳の明るいリビング。大容量のカップボードは建具で目隠しできる設計に。 ガレージと玄関を結ぶ通路には深い庇をつけた。悪天候時にもガレージへ楽々と行き来できる。2台分の駐車スペースを備えたガレージの外壁は、家屋と同じ鎧張りのガルバリウムで仕上げた。無垢の杉板がアクセント。リビングの壁には造作の飾り棚が。棚の上下で異なる羽目板を使い、空間に変化をつけた。リビングよりダイニングを見渡す。リビング部分を高天井にすることで開放感を演出している。

家族構成:夫婦+子ども1人 1F:119.86㎡(36.21坪) 2F:67.07㎡(20.26坪) 延床面積:186.93㎡(56.47坪)

外観

6-01

車庫から玄関までの通路

6-02

裏庭:ガレージなどとつながってあり、利用しやすいようになっています。

6-03

玄関:パーティションでお客様用と区切っています。靴の収納も大きく便利です。

6-04

玄関 別の角度から

6-05

和室:品のある落ち着いた雰囲気にしました。

6-06

リビング&キッチン:キッチンを一回り出来る移動のしやすいレイアウトと明るいリビングにしました。

6-07

リビング&キッチン別角度から

6-08

キッチンの後ろの収納:戸が自由に動かせるのでとても便利です。

6-09

6-10