ゆとりある間取りと収納計画でシンプルな暮らしを実現

写真写真写真 玄関に入ると、正面にゆったりとしたスケルトン階段が伸びるT邸。目の前の大きな窓からはたっぷりと光が注がれます。階段下には本棚が造作され、家族のライブラリーになっています。「玄関やホールを広く取ることで、ゆとりが感じられる家にしたかったんです」とご夫婦。 生活の中心となるリビングにはミニマルなデザインのキッチンが据えられ、すっきりシンプルな空間が完成しています。「リビングに物があふれないように、収納も多めにつくってもらいました」(ご主人)。 また、リビングの一角はお子様の秘密基地のような場所。程よいこもり感があり、おもちゃを散らかしても目立ちにくく、無理なくシンプルな暮らしを実現できる住まいとなりました。 家族構成:夫婦+子ども1人 竣工:2016年 12月 構造:木造軸組工法 延床面積:205.57m2(62.10坪) 1F 126.28m2(38.15坪) 2F 79.29m2(23.95坪) takahasi_sama01サンワカンパニー社のシンプルなキッチンとカップボードが似合うLDK。掃き出し窓の外は塀で目隠ししたプライベートなテラスになっている。 takahasi_sama02TVの後ろにはカナダ産の古材をあしらい、シンプルな空間のアクセントに。右奥に見えるのはお子様のおもちゃスペース。 takahasi_sama03リビングの一角に設けられたおもちゃスペース。お子様が成長したら学習机を置く予定なのだそう。 takahasi_sama042階の寝室。奥にはご夫婦それぞれのウオークインクロゼットが並ぶ。 takahasi_sama05TVの後ろにはカナダ産の古材をあしらい、シンプルな空間のアクセントに。右奥に見えるのはお子様のおもちゃスペース。 takahasi_sama062階ホールから見下ろす階段。吹き抜けを利用して、上下階両方に自然光が行き渡る設計。 takahasi_sama07すっきりとした片流れ屋根がモダンな外観。手前のLDK部分はグレーの塗料を塗ったレッドシダーを鎧張りにしている。車が2台止められるインナーガレージ付き。