家事がしやすい機能的な設計に男前インテリアが融合

写真写真写真

五泉市出身のSさんご夫婦が家づくりを依頼したのは、「デザインに魅力を感じた」という地元工務店。アイリッシュ音楽が好きなご主人は楽器を演奏できる個室を、奥様は家事がしやすい動線を希望しました。 完成したのは、広い土間のある玄関からリビングとキッチン2カ所に繋がる動線がある住まい。「買い物帰りにキッチンに直接向かえるのが便利ですね」と奥様。LDKは約20畳のゆったりとした空間で、隣接する和室までが一体になります。 「広くて快適な暮らしになりました。夜でも楽器が演奏できるようになったのもよかったです」とご主人。DIYや多肉植物などの新たな趣味や楽しみも増え、家での時間がより充実するようになりました。

家族構成:夫婦+子ども1人 竣工:2017年3月 構造:木造軸組工法 延床面積:134.97m²(40.77坪) 1F 70.38㎡(21.96坪) 2F 64.59㎡(19.51坪)

souhuku_sama001

リビングから眺めるダイニング・キッチン。キッチン後ろの収納の建具は、有孔ボードと黒板で仕上げている。

souhuku_sama002

床材には木目がきれいなクルミを使用。「新築祝いにもらって、どんどん増えています」という多肉植物が部屋を彩る。

souhuku_sama003

キッチンの収納には食器だけでなく電子レンジなどの家電もきれいに収められている。

souhuku_sama004

2階のご主人の部屋には、バンジョーやマンドリン、アコーディオンなどの楽器が並んでいる。

souhuku_sama005

リビングの隣には4.5畳の和室が隣接。琉球風畳が洗練されたデザイン。

souhuku_sama006

広い土間のある玄関。正面のドアからはキッチンへ、右のドアからはリビングへと入れる。

souhuku_sama007

黒い外壁ですっきりとまとめた外観。片流れ屋根がモダンな雰囲気を感じさせる。