齋藤仁建築のエコ住宅

快適な暮らしをオール電化住宅で

生活するうえで必要なエネルギーは、一般的に「電気」「ガス」「灯油」が挙げられます。
他のエネルギーを否定するわけではありませんが、
3つの中でそれのみで生活出来るエネルギーは現実的には「電気」のみです。
「電気」のみを利用する事で、他の熱源の基本料金や使用料などの節約が出来ます。
「やりくりナイト契約」・・・・深夜の時間帯の電気代が昼間の約1/4に。
「対象機器割引」・・・・特定のオール電化機器に対して毎月一定額の割引サービス。
などを受けることが出来るようになり、イニシャルコストの節約につながります。
これがオール電化住宅の基本的な考え方となります。一般的なメリットとして

「安心・安全」

IHクッキングヒーターは火を使わないから、お子様やお年寄りまで安心です。
空焚き防止機能や、てんぷら鍋の温度設定、タイマー機能などもあり、「ついうっかり」の防止に役立ちます。

「快適・清潔」

オール電化住宅では暖房機器に燃焼系のものは当然使用しません。
そのため、暖房時には水蒸気の発生が無くクリーンで結露はほとんど起こりません。

「省エネ」

エコキュートをはじめとする「ヒートポンプシステム」。
空気を圧縮し熱に変えることで、約1/5のエネルギーでお湯を作るシステムです。
最近ではエアコンなどにも活用されるようになり、ますます注目のエコアイテムになっています。

当社のオール電化住宅は「高熱効率」をコンセプトにしております。
そこで、冷暖房の効率化と省エネ性を高める為の工夫を簡単にご紹介します。

「高気密・高断熱」

しっかり塞ぎ、しっかり保温する。当たり前であり、オール電化では一番重要な工事です。
当社では設計時に「Q値」熱損失係数を計算し、
気密工事終了後に「C値」隙間相当面積を測定器を使用し資格を持った技能者が測定いたしております。

「床下土間蓄熱暖房」

各部屋ごとに暖めるのではなく、家全体を輻射熱により心地よく暖める暖房システムです。
各居室ごとの温度差が非常に少なくなる為、より開放的なプランニングが可能になります。

「電気代金の不安にお答えします」

オール電化住宅の賢い付き合い方のご説明と、過去のお客様にご協力いただいて作成した
実際の「年間電気料金グラフ」などを使い、より具体的にお話いたします。

百聞は一見に如かず!!
見学会などイベントを行っておりますので是非足を運んで頂いて体験して頂きたいと思います。